協同組合鹿児島県鉄構工業会

鹿児島県鉄構工業会事業内容

共同受注事業

官公庁発注の工事について、組合共同受注規約に基づき複数の組合員により受注することを目的とした事業で、共同受注委員会で参加組合員の 調整等を行い、理事会に提案して事業を進めている。過去に共同受注した主な鉄骨工事は次のとおりである。

鹿児島市民文化センター 明治百年記念館(黎明館)
鹿児島市庁舎東別館 鹿児島県工業技術センター
鹿児島市立図書館・科学館

検査指導事業

検査指導委員会を中心に、各種技術講習会を企画開催し、組合員の技術の向上に努めている。最近では、「25度レ型開先溶接施工マニュアル説明会」「JASS6改定講習会」を開催している。
また、全構協「技術・品質サポート制度」を活用し、未認定工場の認定取得及び認定工場の技術・品質の向上を積極的に支援するとともに性能評価申請工場に対しては、独自のチェックシートをもとに、パトロールを実施。社内基準や工事関係書類、製品等をチェックし、品質管理体制の確認を行っている。

共同購買事業

全構協指定塗料(大日本塗料)及び付属品、全構協指定形鋼専用鋸刃(アマダ)溶接用皮手袋(カマネス)等を取り扱っている。
また、全構協生命共済制度(大同生命保険)は、組合員の福利厚生事業の一端となっており、生命共済制度運営事務費をはじめ共同購買の販売手数料収入が組合運営の一助となっている。

鹿児島県鉄構工業会トップページアクセス関連リンクサイトポリシーサイトマップお問い合わせ